2015年07月16日

ポテトチップスでグラタンを作ってみた。ジャンクな味が悪くないの巻。

どうも、ダラ主婦です。

そろそろ夏休みに突入しようかと言う今日この頃。素敵奥さま方はいかがお過ごしでしょうか? 暑いのに毎日食事の支度をしなければならないなんて苦行以外の何物でもありゃしません。主婦って因果な商売ですね。家族のお腹を満たすのも楽じゃありません。

そんな奥様方に朗報です。ポテトチップスでグラタン(笑)が作れてしまうのです。本格的なグラタンではありません。あくまでも「グラタン(笑)」な代物ですし、ジャンク料理極まりない物ですから、栄養的には全くオススメ出来ませんが「今日はなんかおかず足りないなぁ」なんて時のプラス一品とか、ご主人のビールのお供にするなら最適です。

ポテトチップスグラタンの作り方

材料
ポテトチップス・牛乳・ベーコン・とろけるチーズ

作り方
1 ポテトチップスを砕きます
2 器にポテトチップスを敷き詰めます
3 ポテトチップスを敷き詰めたところに牛乳を入れます
  (ポテトチップスが牛乳に浸るくらい)
4 その上からベーコンを敷きます
5 とろけるチーズを乗せます
6 トースターでチーズが良い感じで焦げるまで焼きます
  (10分くらいかな)

以上です。

ポテトチップスを牛乳に浸すことでホクホクになるんです。その上にベーコンとチーズですから不味かろう訳がありません。難を言うなら味が濃いこと。普通のグラタンサイズの器で作ると味が濃いので、子どもには向かない気がします。「小鉢にちょっと」くらいがオススメ。普通サイズのポテトチップスだと4人分ってところでしょうか。

ちなみに。ポテトチップスの種類によって味は変わると思います。私のお気に入りは堅揚げポテトの薄塩味。



コンソメ系の味とか、ピザポテトも合いました。期間限定の凝り過ぎた味は地雷じゃないかと思います。「柚子胡椒」とか「牛たん」とか、ネタ系は避けるが吉。

ジャンキー料理なので「お子様にオススメ」とは言いたくないのですが、ぶっちゃけ子ども受けします。毎日食べるとなるとアレですが、たまにはいいんじゃないでしょうか。作るかどうかは自己責任ってことで。

じゃ、また。
posted by ダラ主婦 at 16:18| 手抜き料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。