2014年11月18日

超簡単!茹でるだけチャーシュー。豚・醤油・縛る糸さえあれば…


どうも。ダラ主婦です。


何度となく、このブログで叫んできた事ですが、私はラーメン屋で食べるラーメンが好きです。むしろ「愛している」と言っても過言ではありません。だけどラーメンって、けっこうお高いのでもそうしょっちゅうは食べに行けません。独身ならいざ知らず、家族で行くとけっこうなお値段に。手間暇かかって作るので、手間賃だとは分かってるけど、日本のラーメンって高過ぎると思うの。


まぁ。そんな愚痴はおいといて。ラーメンって、麺とスープが主役な訳ですが、チャーシューの美味しさも重要です。豚肉ですよ、奥さん! ダラ主婦の場合は共食いです。チャーシューってスーパーで買ってもお高いですよね。実はスーパーで売っている焼き豚は焼いてないってご存知でしたか? あれ本当は「煮豚」なんです。煮豚なのに「焼豚」ては、これいかに。


そんな訳で今回は「リーズナブルにチャーシューをたらふく食べたい」と言う願いを叶えるレシピをご紹介します。私が考えたんじゃありません。食通作家で有名な東海林さだお先生のレシピです。『ブタの丸かじり』と言うエッセイに出てくる料理なので、試したことのある人も多いんじゃないでしょうか。





では、煮るだけチャーシューのご紹介

材料 豚肩ロース肉の塊 豚を縛る糸  醤油いっぱい

作り方

1 豚肉を縛ります。亀甲縛りでもなんでもかまいません。お好みの状態に縛り上げましょう。
2 鍋に湯を沸かし、縛り上げた豚肉を投入。30分ほど煮ます。
3 30分後、豚が煮えたか確認します。「串を刺して肉汁が透明ならOK。
4 豚肉を容器に入れます。タッパーでも陶器の器でも、ジップロックでもOK。食品用のビニール袋でもOK。
5 豚肉が浸るように醤油を投入。20分放置。
6 20分後、味を確認します。豚肉を切ってみて味が薄ければもう少し放置してください。


以上です。


誰でも作れます。まぁ、失敗はありません。そして醤油しか浸かっていないのに驚くべき美味しさです。ステキ奥様は香味にネギを入れてみたり、自分ち仕様に味醂とかニンニクとか足してみてはいかがでしょうか。ですが、私は敢えて言います。


シンプル・イズ・ベスト。醤油だけでも充分美味しいと。


たらふく食べるといいんじゃないでしょうか。ご飯のおかずに良し、酒の肴に良し。余ったら炒飯とかに入れて良し。まぁ、うちの場合は足りないくらいでしたが。高級焼き豚買うことを思えば、断然お安く出来るので、興味のある方はお試しください。


じゃ、また。
posted by ダラ主婦 at 09:00| 手抜き料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

自作出来る一風堂のホットもやしが美味し過ぎる件について


どうも。ダラ主婦です。


なんとなくラーメンネタが多い事から「お。コイツってばラーメン好きだな」と感じていた方もおられるかと思いますが、お察しの通りラーメン好きです。家ではもっぱらインスタントばかりですが、なんだかなだ言ってお店のラーメンが最強です。家だと生麺買って茹でても。お店のラーメンには叶わないので作るきしないんですよね……って、これは嘘。単に怠け者なだけです。


まぁ、それはそれとして。


ラーメンチェーン店の『一風堂』ってご存知ですか? ラーメンってタイプによって好き嫌いがありますし、チェーン店だとしても勢力図があって「あの店、有名チェーン店らしいけど、うちの近所には一軒も無いわ」なんて事も多々ありますよね。一風堂さんはラーメンが美味しいのもさる事ながら、テーブルにおいてある「もやし」がたまらん美味しさなんです。


まぁ、ただのもやしなんですけどね。味付け絶妙。ご飯にもビールにも合う味で、もやしのタレ(正式にはホットもやしソースと言います)が通販でお取り寄せできちゃったりするのですが、そこまでしなくても簡単につくれるみたいです。ツイッターにレシピが出回っていたので作ってみました。





らび(1461-6151-9974) @rabbitboy4

一風堂のもやしのレシピは、もやし2袋に対して
ゴマ油40cc
薄口醤油30cc
麺つゆ20cc(店では「どんだし」を使うらしい)
塩1つまみ
うま味3つまみ
一味唐辛子2〜3つまみ(SBとかの瓶詰めでOK)
すりおろしニンニク1片
ゴマ適当

で再現出来るよ。
2013年1月30日 10:40



もやしは、ササッっと茹でます。で、水道水で引き締めて、調味料を入れて混ぜるだけ。ダラ主婦でも出来る超簡単レシピでした。


そして実食。美味しい……美味し過ぎる。まぁ、お取り寄せで買っちゃうのもアリだと思いますが、コスパを考えると作っちゃった方がいいと思います。失敗するような難しい料理じゃありませんしね。お子さんがおられるご家庭だと、ニンニクや一味唐辛子は加減すると良いと思います。お店の味に近づけたい方は是非このままで。


ビールに良し。白米に良し。もやし2袋なんて家族でアッっと言う間に食べきれちゃいますよ。


じゃ、また。
ラベル:
posted by ダラ主婦 at 10:00| 手抜き料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

偉大なるマヨネーズを使って玉ねぎの小鉢を作ってみた。


どうも。ダラ主婦です。


みなさんはマヨネーズってお好きですか? 私は大好きです。マヨネーズをかけたら、大抵の事はなんとかなる……とさえ思っています。そして、たぶんそれは間違っていない気がします。


ですがマヨネーズって油の塊なんですってね。つい先日、出回っていたツイッター画像で分離したマヨネーズを見たんですが、あれは酷いものでした。マヨネーズって結局のところ「油を飲んでいるも同然」なんですね。もちろん、だからって止めたりはしません。マヨネーズと共に生き、マヨネーズと共に死ぬ覚悟は出来ています。


このブログを読んでくださっている方は薄々感じておられる事かと思いますが、私は料理が苦手です。と言うか根本的に料理ってヤツが好きじゃないんです。だけど食べるのは嫌いじゃない……と言うかむしろ好き。今回はそんな私が最近ハマっている料理をご紹介したいと思います。


名づけて「玉ねぎの小鉢マヨネーズ風」です。


作り方

 1 玉ねぎを細めのくし形に切ります
 2 小鉢に盛りつけます
 3 ラップします
 4 レンジでチン
 5 ポン酢とマヨネーズかけます

以上です。


たったこれだけの手間ですが立派な一品になります。酒の肴にして良し。ご飯のお供にして良し。素敵奥様だったらこの上からネギだのカリカリにしたジャコを散らしてもいいんじゃないかと思います。私はそんなのしたことないですけどね。白いお洒落小鉢に、真ん中が高く盛り上がる感じで盛りつけて、マヨネーズを網を描くみたいにしたらお洒落っぽくていいんじゃないでしょうか。こんな感じの小鉢とか。ちょっとカフェご飯意識しました……的な。





やはりマヨネーズは偉大ですね。とりあえず、かけときゃなんとかなります。マヨネーズとポン酢の組み合わせはたまりませんね。マヨネーズと醤油も好きですが、時にポン酢も捨てがたい。夕食のおかずが足りない時、または1人ランチの時などにご活用戴ください。


じゃ、また。
posted by ダラ主婦 at 10:00| 手抜き料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。