2014年12月10日

レンチンで作る温奴2種。チーズと豆腐は意外と合います。


どうも。ダラ主婦です。


寒くて震える今日この頃。いかがお過ごしでしょうか? 素敵奥様方は寒さにも負けず、料理に掃除にと忙しく過ごされていることと思います。だけど料理って手が抜けるものなら、極力抜いていく方向でお願いしたいのが本音ではないでしょうか?


今回は寒い冬にふさわしく、かつ簡単で「もう1品欲しいな」って時に重宝すめレシピをお届けします。困った時の豆腐料理でございますよ。簡単料理において、お豆腐の重宝っぷりは異常。そのまま食べてよし。温めてよし。万能選手と言っても過言ではありません。


今回は変わり種温奴です。アレンジパターンを2つばかりご用意しております。1つは「イタリア風」もう1つは「中華風」です。あくまでも「風」である事をご了承ください。





その1。イタリア風チーズ温奴

材料
絹こし豆腐・とろけるスライスチーズ・オリーブオイル・黒胡椒

作り方
1 器に絹こし豆腐を入れます
2 絹こし豆腐にオリーブオイルを「たらっ」と垂らします
3 とろけるスライスチーズを乗せます
4 500w〜600wのレンジでチンします
  (豆腐の大きさによって30秒〜1分程度)
5 黒胡椒を散らします

以上です。


その2 中華風チーズ温奴

絹こし豆腐・とろけるスライスチーズ・ごま油・食べるラー油

作り方
1 器に絹こし豆腐を入れます
2 絹こし豆腐にごま油を「たらっ」と垂らします
3 とろけるスライスチーズを乗せます
4 500w〜600wのレンジでチンします
  (豆腐の大きさによって30秒〜1分程度)
5 食べるラー油を乗せます

以上です。


基本的に、どちらも同じ作り方です。オリーブオイルか、ごま油。黒胡椒か食べるラー油が違うだけ。どちらも捨て難い美味しさです。その日の気分と懇談の構成によって選べばいいんじゃないかと思います。チーズが好きな人にはたまらん美味しさです。しかも簡単。お酒にも合います。


イタリア風については「味が物足りない」と思ったら醤油を垂らしてもOKです。醤油を垂らした方がご飯には合いますが、イタリア感が減少してしまいます。まぁ、しかしそれはそれでアリです。


チーズと豆腐が好きな方は是非、お試しください。チーズは私達を裏切りません。


じゃ、また。
posted by ダラ主婦 at 08:00| インスタント食品のアレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

レトルトカレーでカレーピラフ。オムライスにしても素敵。


どうも。ダラ主婦です。


ブログタイトルにふさわしく、本日は「楽ちん」に出来るカレーピラフをご紹介したいと思います。ポイントはレトルトカレー。レトルトカレーって、非常食としてどこのご家庭にも常備しているかと思うのですが「うち、レトルトカレーは使わないわ」って方がいらしたら、今回はお役に立てません。


みなさんは、レトルトカレーって何を常備されていますか? 我が家は子ども用がボンカレーゴールド。大人は「よし、買うぞ!」と思った時に1番安かったレトルトカレーの辛口を常備しています。個人的にはハウスの『カレーマルシェ』を愛しています。マッシュルームが好きなんです。マッシュルームが入っているだけで「なんか高級っぽい」と思ってしまう不思議。

ですが『カレーマルシェ』って、他のレトルトカレーに較べるとお高いですよね。なので滅多な事では口に入りません。まぁ、高いといったところで外食する事を考えれば十分過ぎるほどリーズナブルなのですが、カレーマルシェの横で、プライベートブランドのカレーが100円を切る値段で売っていると、ついそちらに手が伸びてしまう主婦の性……




……と。レトルトカレー談義はここまでにして本題に入りたいと思います。今回はレトルトカレーを使ってカレーピラフを作ります。もうね……失敗はしようが無いってくらい簡単に「そこそこ」の味のピラフが出来ます。


レトルトカレーピラフの作り方


材料 レトルトカレー1袋  米1合

作り方
1 米を洗います
2 炊飯器にレトルトカレーの素をノパッっと入れます
3 洗った米を入れて、1合のめもりまで水を入れます
4 「炊飯」のスイッチを押します

以上です。


いかがでしょうか? 要するにカレーピラフなんて「カレー味の炊き込みご飯」なのですから、混ぜちゃえばいいんです。他に余計な味なんて付けなくても、間違いない味に仕上がります。もし、あなたが素敵奥様で「これじゃあ、野菜が足りないわ」と思われる場合は、玉ねぎとか人参とか刻んで入れてください。レトルトカレー1袋に対して米1合ですから、米の量を増やす時はレトルトカレーも増やしてください。


「これじゃあ、手抜き過ぎて子どもに出せない」って方はピラフをお皿に盛り付けてから、オムレツを作って上から乗せてみてください。立派なカレーオムライスの出来上がりです。冬休みのお子様のお昼ご飯にはいいんじゃないでしょうか?


じゃ、また。
posted by ダラ主婦 at 08:00| インスタント食品のアレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

超簡単!レンジで作るなめたけ豆腐。ご飯に合います。


どうも、ダラ主婦です。


素敵奥様方は年末に向けて毎日、家事にパートにと頑張っておられる事かと思います。秋って実に短いですよね。そろそろ紅葉が色付いてきたと思ったとたん、アッっ言う間に去ってしまう印象。12月に入るともうクリスマスだのお正月の準備だのと、気がつけば新年。1年なんてアッっと言う間……って話です。


と言うわけで。


忙しくなってくると、とたん憂鬱なのが毎日の食事作りですよ。特に夕食。ヨーロッパ圏内は女性の社会進出が進んでいると言うけれど、デリカッセンでお惣菜を買ってきて終了……みたいな文化なんですよね。アジア圏でも女性がガツガツ働いている国は屋台文化が発展しているようですし。その点、日本女性は働き過ぎだと思うのです。家事も、育児も、仕事も頑張れとか無理ゲー過ぎ。


そこで手抜きですよ。


今日は超簡単豆腐レシピをご紹介します。電子レンジで1〜2分。味付けの失敗もないので、料理する気力が無い時にオススメです。



なめたけ豆腐の作り方

材料 豆腐100グラムくらい なめたけ 適当

作り方

1 豆腐100グラムくらいを器に入れます。
2 豆腐になめたけを「のぱっ」っと乗せます。量は適当。
3 電子レンジ500wで1分〜2分チン。

以上です。

味は付けなくてもOK。なめたけに任せてください。豆腐を崩しながらなめたけと共に戴きます。豆腐は絹こし、できれば充填豆腐がオススメです。つるつる系の豆腐の方がなめたけと馴染みます。素敵奥様は刻みネギを乗せてください。見た目にもちょっと素敵っぽくなります。カフェ風の白い器に盛り付けると、それっぽく見えるのでオススメです。あっさりし過ぎて物足りない方は、ごま油を垂らしても美味しいです。


スイーツ入っちゃってますがこんなイメージ




あまりお行儀が良い食べ方とはいえないのですが、豆腐をちょっと崩しいごはんに乗っけて食べても美味しいです。おかずが一品足りない時のピンチヒッターとして使ってやってください。


じゃ、また。
posted by ダラ主婦 at 09:24| インスタント食品のアレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。