2014年12月04日

分量適当でも失敗なし!トースターで簡単焼きリンゴ。



どうも。ダラ主婦です。


12月に突入したとたん寒波襲来とか勘弁して下さいって感じですが、素敵奥様方はいかがお過ごしでしょうか?そんな中、親戚から林檎が届きました。ドカンと1箱。





もちろんご近所や友達に配りまくったのですが、それでもけっこうな量が残っています。我が家は林檎好きなんですが、毎日林檎だと正直飽きてきます。贅沢っちゃあ贅沢な話です。普通に食べ続けると飽きるのですが、バリエーションを付けて食べると意外とイケます。そんな訳で今回はダラ主婦流の焼きリンゴをご紹介します。


焼きリンゴって言うとアレですよ。「オーブン料理とか面倒臭い」とか「1人で林檎1個食べるのしんどい」とか思って、つい敬遠してしまうアイツです。美味しいんですけどね……焼きリンゴ。いかんせん作るのが面倒。なのでトースターで作ることにしました。


トースター焼きリンゴの作り方

材料 林檎(1個でも半分でも) 砂糖 バター(マーガリンでも可)

作り方
1 林檎を洗って縦半分に切ります
2 芯の部分をスプーンでほじくって穴を作ります
3 穴が合いた部分に砂糖とバターを混ぜた物を詰めます
4 林檎をアルミホイルで包みます
5 トースターで12分〜15分焼きます

以上です。


2人で食べる時は林檎1個を半分ずつ。1人なら半分だけ作って、残りの半分はラップして冷蔵庫に。砂糖とバターはキッチリ測らなくても問題ありません。バターがなければマーガリンでも代用出来ますが、バターで作った方がより美味しいのは言うまでもなく。焼く時間は林檎の大きさによって変わるのでご自分で調節してみてください。


トースターで作るので予熱はいりませんし、半分に切ってから作るので火の通りも早いんです。オーブンで林檎1個をじっくり焼き上げて作る焼きリンゴの味と較べると、若干き引けを取りますが「その分簡単だし、手間かからないし、まぁいいか」と思える程度には美味しく仕上がります。


「カロリーなんて気にしな〜い」と言う、大らかな心の奥様はこの焼きリンゴの上にバニラアイスを乗っけるとさらに美味しいです。


あと「焼きリンゴを1人で食べるんだけど、切った林檎をラップして置いておくのは嫌だ」って場合は、半分×2で林檎1個分で作り、半分だけ食べて残りの半分は、薄くスライスして冷蔵庫に。半日くらいなら大丈夫なので、翌朝のトーストにでも乗っけて食べてください。これもイケます。トーストにバターを塗って、レンジで少し温めた焼きリンゴを乗せ、はちみつかメープルシロップをかけたら最高です。


じゃ、また。
posted by ダラ主婦 at 08:00| 手抜きスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。