2015年07月17日

炊飯器で作るトマトごはん!スイッチ・オンで簡単。美味しい!

どうも。ダラ主婦です。

トマトの季節がやって来ました。みなさんはトマトってお好きですか? 我が家は家族全員トマトが好きなので、夏になるとベランダのプランターでミニトマトの栽培をしています。ミニトマトは私のようなダラダラ人間でも簡単に育てられますし簡単に収穫出来ます。スーパーに行かずとも毎日ミニトマトが食べられる幸せ。

今日は夏にオススメのトマト料理のご紹介です。ネットで話題になりましたから、ご存知の方も多いのではないでしょうか? その名も「トマトごはん」です。



トマトごはんの作り方

材料 米・トマト・コンソメ(またはツナ缶)

1 トマトを洗ってヘタを取ります。皮は湯剥きしなくてもOK
  気になる方はもちろん湯剥きしてもOK(その方が上品に仕上がります)
2 炊飯器に水を入れます。トマトの水分があるので少なめで
3 コンソメ(またはツナ缶)を炊飯器に入ります
4 炊飯器のスイッチを入れて、炊きます
5 炊きあがったらご飯を混ぜて完成

※ 米1合でトマト1個分の換算です
※ コンソメを使う場合は米1合にコンソメ1個
※ ツナ缶の場合、米1合でツナ缶小。米2合以上だとツナ缶大

いかがでしょうか? トマトは炊飯器で炊くと潰れてトマトピューレっほくなります。炊きあがったトマトご飯には、お好みで粉チーズや黒胡椒を振ってもOK。混ぜる時にオリーブオイルを垂らして、バジルをふるとイタリアン感がアップします。

トマトご飯の良いところは材料を刻んだりする手間が無いこと。ミニトマトを作っていて「大量に出来過ぎて困っている」と言う場合は、普通のトマトをミニトマトに変えて作ってもOK。普通のトマトよりも、ミニトマトの方がリコピン多いらしいですよ。

トマトごはんは夏休みの子どものお昼にオススメです。とろけるチーズを乗せると、子どもがさらに喜びます。まぁ、チーズ好きな子ども限定の小ワザですけど。

じゃ、また。
posted by ダラ主婦 at 13:53| 手抜き料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。